もう、十年以上前の事。。。

タイで現地採用の道を探っていた頃に中心部から少し離れて、パタナカーン界隈に住居を移した時代があった。
20171125_03
家賃が安いアパートで、住民のほぼ全てがタイ人だった。
夜になると、住民の生活音や大声が聞こえて来て、眠れない日もあった。

記憶に定かではないが、確か朝だと思うが、コーランの音も聞こえて来た。
タイに、イスラム教の方々が居るとは聞いていたが、初めての経験だった。

それ以降は、プラカノン界隈でもイスラム教の施設がある事を知り、仏教国のイメージが強かったが、違った面もあるのだと感じた。

その時代に、調べてみると人口の5%程度はイスラム教の方々のようだ。

さて!
先日に、同僚から頼まれ事を聞いた。

彼は、俺が仕事で使う車が故障した際に、手伝ってくれた人だ。
何と彼の車が故障し、修理に出しているとの事。

用事で、ある場所へ行きたいが連れて行ってくれと言う。
会社からも近い場所だったので、快諾。

行ってみると。。。
20171125_01
キリスト教の施設だった。

そう言えば、彼はキリスト教徒だった。
ピアノが上手なのも、それに関連するのかな??

そんな事を思いながら、彼の用事が済むまで、駐車場で待つ事に。
20171125_02
どうやら、教会に学校が併設された場所のようだ。
20171125_05
恐らく、これが教会。
20171125_08
その周辺に、大きな建物が数棟建っている。
20171125_06
授業中?それとも休日?
人影は、少ない。
20171125_07
タブレットで、調べてみると、人口の1%程はキリスト教だと。

俺の、貧祖な知識でも、キリスト教は、カトリックとプロテスタントに分けられるかな?
それは、何故かは昔は知っていたが、今はすっかり忘れた。
大昔に、英国出張時に聞いた事がある。
20171125_04
30分ほどで、彼は帰って来た。

この場所に、こんな施設があって思い出した事がある。

以前に、この近くの道を通ったら、ラサール高校が在ったのを想い出した。
20171125_09
カメラは、ぶれているが、ラサールとなっている。

この場所は、サムットプラカーン県のチャオプラヤー川の河口近く。

何か、キリスト教が伝えられた歴史でもあるんだろうな。

ちなみに此処はカトリックだそうです!!
そう思った貴方は4箇所クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村