先週に。。。

日本に住む、昔の同僚からメッセージが来た。

3名でタイに遊びに行くので、一緒に食事でもとの内容だった。

彼とはタイで数年間一緒に仕事をした事がある。

来る3名共に、今では会社の重要ポジションの職にある。

俺が新入社員の頃は、オーナー企業として、重要な職は親戚でほぼ占められていたが、今では時代も変化し、一般的な企業として歩んでいるらしい。

何やら、有給休暇取得促進?らしき施策があって、連休を取ってタイへ来るとの事だった。

最初の連絡から数日後に、食事する場所が伝わって来た。
20180322_01
家を出て、何度か乗り物を乗り継いで、1時間20分を掛けて最寄り駅に到着。
20180322_02
この界隈には、日系企業の事務所が多い事で有名。
20180322_03
俺も2年程、或る日系企業に勤務し通った事が有るが、飯を食べに行く事に苦労はしない場所でもある。
20180322_04
このシーロム通り界隈には、パッポンやタニヤ、そして『進め!電波少年』の番組で、猿岩石がヒッチハイク時代に、旅費稼ぎでバイトした日本食屋さんもある。
20180322_05
そのシーロム通りを横断して、その先へと向かう。
20180322_06
連絡をくれた旧友とは、昨年の一時帰国の際に、厚木で一緒に食事をしたが、もう一人とは約20年、更にもう一人とは約30年振りに会う事となる。
20180322_08
到着したのは、約束の時間の30分前。
20180322_09
懐かしの、ソンブーン・スリウォン店だ。
20180322_10
暫く、入り口近くの椅子に座って待った。

相変わらず、日本人団体客が多い。
中国人団体客も、ポツリポツリ。

此処で食事後に、パッポンやタニヤに繰り出す人も多い。
夜となると、キラキラした女性達と、オヤジ達グループも見かける。
20180322_11
席が予約されていたので、中に入って待つ事に。
20180322_12
現地駐在の友人が来たので、ビールだけ頼んで乾杯。

その後に、旧友達はやって来た。

もう、それからは話題には事欠かないし、笑い続き。
20180322_13
写真も撮り忘れる状況。
20180322_14
トムヤムクン。
これを、初めて食べた時には、酸っぱ辛さに驚いて食べられなかったが、今では問題無し。
20180322_16
食べ慣れている牡蠣がタイにもあったかと喜んだことも。
20180322_18
パクブーンファイデン。
美味しい美味しいと食べていたが、地方でローカルの店に入ると激辛で驚いた。
20180322_07
そして、この店のマークにも使われている蟹。
20180322_19
今回は、あえて殻付きでオーダー。
20180322_15
海鮮チャーハンに掛けて食べる。

俺も、タニヤへ行っていた昔に何度か来た事もある、この店。

昔話に花が咲き、時間も経過し、お勘定。
20180322_20
この後は、「さぁ!タニヤでも行こうか?」

そう、誰かが言うかな?

いやいや。
すっかり、皆が老いぼれのオッサン。

一言も発する人も無く、帰宅しました。

皆が皺と白髪でした!!
そう思った貴方は3箇所クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 (to Thai Info)

タイ・ブログランキング