ここ数年で。。。

日本の文化がタイへとどんどん入って来ている事は、この場で伝えて来ているつもりだ。
20180703_03

20180703_04
俺が行くスーパーには、輸入された日本製品が多く棚に並ぶ。

棚には日の丸が、日本製品を示している事を考えると、ターゲットは主にタイ人だと思われる。
日本人であれば、見れば直ぐに判断できる。

個人的な意見としては、俺は購入する事があっても、その殆どの目的は自分ではなくタイ人に食べさせたい場合かな。
しかし、そんな事も稀なケース。
20180703_05
米売り場へ行くと、棚には日の丸がある物と無い物に分かれる。
値段の違いは歴然。

俺は、迷いも無くタイ産の日本米を買う。

酒も同じだな。。。
20180703_12
こんなメロンも、輸入品などは高価で手が出ないが、タイ産だと何とか買えるが、勿論日本産よりは甘味が少ない。
20180703_01
地元のニュースによると、イチゴも日本種をタイ北部で育てているらしい。
これが、そうかどうか判らないが、甘味はイマイチ。

そんな中で、先日に会社の事務所で同僚から食べさせてもらった薩摩芋。
20180703_13
これは、決して不味くはなかったが、しっとり感が少なかった。
そのような品種をタイで育てているのかな?
恐らく、そうなんだろうと思う。

しかし、正直言って1年に1度しか日本へ帰らない俺にとって、振り返って考えると、日本で薩摩芋を食べたのは、いつだっただろうと考えると思い出せない。

苺やメロンは、喜んで買って食べるが、薩摩芋が食べたい発想は出て来なかった。
少なくとも、今までは。

しかし、先日にこんな事があった。
20180703_06
スーパーで、こんな案内板があったのだ。
”JAなめがた”って何処??

調べると茨城県行方市。
行方は、なめがたと読むらしい。
20180703_07
その場で、タブレットで調べると、しっとりとして甘い芋らしいのだ。

日本の薩摩芋は、どれ程に美味しいのか?
興味を持ってしまった。
20180703_09
1袋購入。
20180703_02
オーブントースターで、焼いてみた。
中の、受け皿を外に出して、両面焼きで20分位だったろうか?
香ばしい香りが出て来たのでスイッチオフ。
20180703_10
穴が開いていた部分から甘い蜜が出ていた。
20180703_11
もしかして、熟成させた芋だろうか?
だからなのか、皮が剥ぎ易かった。

しかも、しっとりとしていて甘い。

残りは会社へ持って行き、同僚に食べてもらいました。

メイドインジャパンは素晴らしい!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング