俺がタイへ来た十数年前でも、バンコクの生活は他の外国よりは楽だと感じた。

その以前に、俺は欧州方面で少し暮らしていた事が有った。
近くには日本食は無いので、中華料理やマクドナルドを食べていた。

たまに行くスーパーでイタリア米を買っては、鍋を使って炊いた。
今食べると、さぞかし不味いのだろうが、当時は旨かった。

用事があってパリへ行った時に、日本のラーメン屋があって醤油ラーメンとチャーハンを食べた時には感動した。
当時は味なんかどうでも良かった。
とにかく日本食に飢えていた。

そんな或る日、俺は日本食スーパーへ買い出しに行った。
住んでいる場所から200Km以上の離れた場所。

そして袋入りの調理済みおでんを買った。
家に帰って熱湯に数分入れて温めて食べようとすると、何と全ての具にはビニール袋の味が移っていた。

あの味は忘れる事は決して出来ない。
それでも、勿体なくて全部食べた。

それでも他よりましだから。

そんな欧州暮らしだった。

そして、俺は次の地であるバンコクへ来た。
全く事前知識も無く突然の赴任だった。

初めて入った居酒屋では、美味しさに驚いた。
いや、安さにも驚いた。

欧州では日本食は驚くほど高価だったからだ。

しかし、残念なのは”ご飯”が不味かった。

当時は今のように日本米をチェンライやチェンマイで作ったタイ産の日本米は売っていなかった。

カルフォルニア米を俺は買って食べていた。
定食屋では、タイ米にもち米を混ぜたような、ナンチャッテご飯を出していた。

初めてタイ産の日本米を知ったのは、或る精米機械を製造販売する会社のゴルフコンペに参加した際に、存在を知った。

参加賞で配っていた。

俺がこれだけ長くタイへ居られたのも、この米のおかげではないかと思う。

今では、ローカルのスーパーでも売っている。
チョット不味いけどなぁ。

日本に帰って食べるご飯と比較するとマダマダ美味しいとは思わないが、満足して食べられる域に達している。

何の不自由もなく、タイで日本米が食べられる。
これって他の国でも同じ?

俺は5Kgで260Bのを買っている。
日本からの輸入米よりメチャ安い。

そんな昨日も。。。

034d6803.jpg


こんなもん冷蔵庫に有りましたぁ!

食べられる大きさに切ってっ!

dff004a1.jpg


旨いっ!

明日はお茶漬けといくかぁ~?

これじゃぁ日本に住んでいるのと変わらないかもなぁ!

本当にタイ産日本米を生産してくれた皆皆様にぃーーーーー

感謝しますぅっ!

クリック宜しく!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ←にほんブログ村ランキング参加中

タイ・ブログランキング