タイの政権は。。。

2014年の軍のクーデターによって軍事政権なのだが、新憲法の草案が出来上がり、8月7日(日)に国民投票が行われるのだ。

前日の6日の18:00からは酒類の販売が停止される。
マックスバリューの酒の棚に、そんな貼り紙があった。

当然、飲み屋も営業は出来ない。

海鮮料理を食べながら、彼女とそんな事を話していた。

草案を承認するかどうか?
まだ決めていないどころか、草案の内容は今から調べると言う。

休日を2日加えて、4日間の休暇を取って、帰省すると言うのだ。

6日はタイ人の大移動となるのではなかろうか。

逆に7日は、バンコクはガランガランになりそうだ。

俺は、草案を少しばかり知っているが。。。
日本などの民主的な内容とは違うので、どうなる事やら。

タクシン派は反対らしい。

帰省して投票にいくならば、折角なので田舎に土産を買って帰ろうとなった。



バンセンまで来たので、俺が何度か行った事がある港の市場へと向かった。

20160803_01.jpg

これが、2年前の写真だ。

20160803_02.jpg

非常にのんびりと買い物が出来るので、好きな市場だった。

20160803_03.jpg

港の埠頭の桟橋の根元には乾物屋の店が並び。。。

20160803_04.jpg

桟橋には、生鮮な魚介類が売られているのだ。

20160803_05.jpg

ゆっくり歩きながらの買い物が出来た。

20160803_06.jpg

先へ進んでいくと。。。

20160803_07.jpg

船着き場が観えて来るのだ。

それが、今では!

20160803_08.jpg

一変していたのだ。

人混みで溢れていた。

20160803_09.jpg

駐車場には車が溢れて、遠くに停めなければならなくなっていた。

20160803_10.jpg

しかも、魚介類とは関係ない物まで多数。

20160803_11.jpg

男は、買うのを決めて来るが、女は見て回るのが好きだと忘れていた。

20160803_12.jpg

彼女の田舎は、山と川に囲まれているので、海産物は貴重である。

20160803_13.jpg

しかも、確実にバンコクより安い。

20160803_15.jpg

ここで、チョットしたアドバイス。

季節に因るのだろうか?
干した烏賊であるが、店頭に並ぶのは手の平サイズ程度しかない大きさのばかりの場合がある。

しかし、大きいサイズの干し烏賊。
ようするに、日本のスルメのような大きさの物もあるのだ。

そんな場合は、店の人に尋ねよう!

すると、奥の冷蔵庫から出して来てくれるのだ。

20160803_16.jpg

今回も、小さな物ばかりが店頭に並んでいた。

20160803_17.jpg

しかし、その手を使って大きいスルメをゲット。

20160803_18.jpg

折角、此処まで来て田舎への土産を買うならば、それが良し。

20160803_19.jpg

帰りの車中では、憲法の草案に関して俺から少し話をした。

非常に難しい決断になると思うような内容なのだ。

しかし、今まで何度争い事が起きたのか。

そして、どれほどの人がバンコクにやって来たか。

そして亡くなったのか。

それを、もう一度想い出して投票しなければならないのだと。。。

彼女も一応大卒なので。。。

考え込んでおりました。

タイ人はどう判断するでしょうか!!
そう思った貴方はワンクリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村_________________________にほんブログ村
タイ・ブログランキング 人気ブログランキングへ