いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:ペッチャブリー

5

最初の洞窟を出てから4号線を車で走った。。。30分ほどで、洞窟へ行く為の駐車場に到着。此処は、今回旅の最大の目的地。駐車場の近くには、猿の群れ。此処からは、往復15バーツを支払って軽トラで向かう。5分程度で到着。さて、此処からどう行くのか?案内板に従って、行く ... 続きを読む
最初の洞窟を出てから4号線を車で走った。。。

30分ほどで、洞窟へ行く為の駐車場に到着。
20190508_02
此処は、今回旅の最大の目的地。
20190508_01
駐車場の近くには、猿の群れ。
20190508_03
此処からは、往復15バーツを支払って軽トラで向かう。
20190508_05
5分程度で到着。
20190508_04
さて、此処からどう行くのか?
20190508_06
案内板に従って、行く事に。
20190508_07
目的地には、坂道を登って行くようだったので、少し不安が過った。
20190508_08
しかし、直ぐに下りとなり、入り口が見えた。
20190508_09
何と、急な階段を下るようだ。
20190508_10
階段の途中から見えた、下の様子。
こりゃー行きは良いが、帰りの登り階段が辛そうだ。
階段1段1段が、とにかく段差がきつくて、注意が必要。
何とか、辿り着いて、上の写真で示せば、真ん中付近で女性らしき二人が立っている場所から、見た洞窟内が素晴らしかった。
20190508_13
奥は、広い空間に加え、天井には穴が開いていて、太陽の光が差し込んでいた。
感動の景色が目の前に。。
20190508_14
20190508_11
この空間の奥にも、やはり同じような空間があった。
20190508_17
そこには、横たわる仏像。
20190508_12
そして、まだまだ奥が続いていた。
20190508_19
20190508_21
外は、猛暑なのだけれど、洞窟の中は涼しいとはいえ、汗がタラタラ。
20190508_22
とりあえず、戻って暫く休憩。
20190508_15
所々に椅子もあって、休憩できるようになっているのだけれど、登り階段を見上げると、非常に憂鬱な気分。

エネルギーを貯めて、一気に登ろうと思ったけれど、途中1回休み。

地上に辿り着いたら、息切れしそうでした。

素晴らしい場所でした!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング

 
 
メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

5

今回の日帰り旅。。。以前に、バンコクより南へと旅をした際の事前チェックで、観光名所が多い事に気が付いた。 何よりも興味を抱いたのは、洞窟の中の景色。今回は、友人を連れて、ペッチャブリーへ向かった。友人が宿泊するホテルはエカマイ。朝8時に迎えに行き、出発。途 ... 続きを読む
今回の日帰り旅。。。

以前に、バンコクより南へと旅をした際の事前チェックで、観光名所が多い事に気が付いた。

何よりも興味を抱いたのは、洞窟の中の景色。
今回は、友人を連れて、ペッチャブリーへ向かった。

友人が宿泊するホテルはエカマイ。朝8時に迎えに行き、出発。途中、道路工事で渋滞も、それを抜けると順調に車は流れ、途中休憩もしながら、2時間と少し掛かって、何とか現地に到着。
20190507_01
カオヨーイ洞窟。
20190507_02
駐車場に車を停めると、入り口はすぐ目の前。
20190507_04
上を見上げると岩山だ。
20190507_05
その麓にお寺がある。
20190507_03
この階段を上り、中に入る。
20190507_06
中に入る入り口には、オバちゃんが居て、そこで靴を脱ぐ。
後で分かったのだが、この界隈には猿が出没するので、靴の見張り番との事。
20190507_07
入ると直ぐに、お祈り用の花。20バーツで購入。
20190507_08
この、白い紙は、金箔を挟んでいる。
20190507_09
20190507_11
この日は、令和が始まった日。手を合わせて祈る。
20190507_10
その後は、洞窟見物。
20190507_12
20190507_13
此処が、階段を上がり切った場所。
20190507_14
眼下は、さっきの大仏様が居る場所。
20190507_15
感じたのは、お寺である訳なのか、駐車料金も無く入場料も無い。

しかし、観光客は多く、出る際に、靴の見張り番のオバちゃんにチップを渡した後に、”日本人は着ますか?”そう問うと、”来ますねぇ~”

そんな回答でした。

次の洞窟に向かいました。

外は猛暑ですが中は涼しいです!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング

 
 
メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

5

再びの小旅行。。。この切欠は、一時帰国の際の温泉への旅。山と湖の景色は綺麗だと改めて感じた。バンコク近郊を生活圏にしていると、平地ばかりの生活。車で日帰りで行けて、綺麗な山と湖の景色はあるのか?過去に2回を経験して、今回は3回目。初めて、バンコクから西方 ... 続きを読む
再びの小旅行。。。

この切欠は、一時帰国の際の温泉への旅。

山と湖の景色は綺麗だと改めて感じた。

バンコク近郊を生活圏にしていると、平地ばかりの生活。

車で日帰りで行けて、綺麗な山と湖の景色はあるのか?

過去に2回を経験して、今回は3回目。

初めて、バンコクから西方向へ向かう事にした。

出発は朝9時。

高速に乗って、国道35号線を走る。

途中に何か所かの渋滞に遭遇も、順調に走り進んだ。
20180620_01
塩田で有名な街を超えてひたすら走る。
途中で何か所かで休憩。
20180620_02
何とか田舎道に入ると緑が多くなってきた。
20180620_03
そして、待望の山の姿。
20180620_05
走りながら判ったのは、牛を飼う牧場や羊の牧場の存在。
20180620_04
さぁ!これからきつい上り坂だとの直前で、ガソリンを入れて、トイレ休憩。
20180620_06

20180620_07
緑が眩しい。
そして、ここを出発して暫くすると、きつい上り坂に入った。
20180620_09
最後の最後は、車も必死。
20180620_08
そして、到着。
此処は、ダムの天辺に位置していて道路になっていたのだが、その左右の景色が凄かった。
まずは、山側。
20180620_11

20180620_12

20180620_13
下手糞なのだが、写真を繋げてみた。
20180620_19
ダム湖は、遠くまであって、かなり広い。
そして、小島も浮かぶ。

谷側は。。。
20180620_14

20180620_15

20180620_16

20180620_17

20180620_18
今回のダムには、発電所が併設。

写真撮りが下手なので、見苦しいと思うのだが、絶景に感動。

片道、休憩を入れて3時間半の旅でした。


お勧めです!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加