いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:ラマ8世

5

お初となるカオサン道路を抜けて。。。本来、散策したかった道路に戻った。そもそも、何故にこの道なのか?https://goo.gl/maps/oTuneXUtwLmXxe8W6カオサン通りを出て右折して、少し歩くとサムセン通りに入る。このサムセン通りは、バンコクの最古の通りの一つとされているの ... 続きを読む
お初となるカオサン道路を抜けて。。。
20200130_01
本来、散策したかった道路に戻った。そもそも、何故にこの道なのか?
20200130_30
https://goo.gl/maps/oTuneXUtwLmXxe8W6
カオサン通りを出て右折して、少し歩くとサムセン通りに入る。このサムセン通りは、バンコクの最古の通りの一つとされているのだ。
-このサイトからの引用-
サムセンまたはスペルサムセンは、バンコクで最も古い道路の1つと考えられているバンコクの道路と近隣です。サムセン道路は、プラナコーン地区内のバンランプー地域のバンランプー交差点から始まり、北東のドゥシット地区まで続き、キアッカイ交差点で終わり、4.6 kmに達します。

いったいどんな雰囲気を持った場所なのかを知りたかった。
20200130_02
そして、その先には船着き場もあり、戻りは船に乗ろうとの計画。
20200130_03
この先の、運河を渡ればサムセン通り。
20200130_04
そして、運河を通り過ぎた。
20200130_05
20200130_06
少し、建物の雰囲気が変化した。
20200130_07
こんな宿も。
20200130_08
20200130_09
面白い事に、この交差点の向こう側に居酒屋さん?
20200130_31
更に歩き進んでいくと。
20200130_11
寿司屋まであった。
20200130_10
非常に昔を感じる通りを歩くも、疲労が襲って来たので休憩。
20200130_12
何んとも安いコーヒー屋さん。しかもインスタントではない。
20200130_14
20200130_13
店の方に、船着き場までは、どれくらいかと聞くと、10分程歩くと言う。
20200130_15
船着き場へ向かう交差点。
20200130_16
20200130_17
到着。
20200130_18
切符は、15バーツ。
20200130_20
20200130_21
向こうに見えるのはラマ8世橋。
20200130_22
少し待つと、オレンジの船が来た。
20200130_23
20200130_24
20200130_25
20200130_26
20200130_27
景色を眺めながら目的の船着き場に到着。此処は、MRTの駅に隣接。
20200130_28
20200130_29
相当な距離を歩き、疲れるも、楽しい散策でした。

シニアブログにもエントリーしました!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

 
 




メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。
mag2year2019_present_banner_500x500


このエントリーをはてなブックマークに追加