いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:壁画

5

先日は。。。チュラロンコン大学界隈の散策をさせて頂いた。(この記事内容は商業施設閉鎖前です)どうやら、ストリートアートに遭遇するとの情報を掴んで行ったのだけれど、想像以上の数に出会うことが出来て、2回に分けてアップする事にした。BTSナショナルスタジアム駅を ... 続きを読む
先日は。。。

チュラロンコン大学界隈の散策をさせて頂いた。(この記事内容は商業施設閉鎖前です)どうやら、ストリートアートに遭遇するとの情報を掴んで行ったのだけれど、想像以上の数に出会うことが出来て、2回に分けてアップする事にした。
20200324_01
BTSナショナルスタジアム駅を降りて、今回は、スターバックスで休憩する所まで。それだけでも、9か所のストリートアートに出会う事が出来た。
20200324_02
何しろ、最初は、この位置からの外の壁。
20200324_03
壁全体に描かれていた。
20200324_04
演出が細かくて、嬉しくなってしまう。
20200324_05
そんな出来事からのスタートだった。
20200324_06
階段を下りて行くと、BTSの行き止まりに遭遇。
20200324_07
初めて見る景色。
20200324_09
その先の、路地を左折。
20200324_08
幸運にも広い歩道。しかし、天候は良く気温も暑い中での散策。
20200324_10
どうやら、この周辺は、スポーツ関連の施設やショップが多かった。
20200324_11
先に進むと、右手の歩道に日本食屋さんが見えたので近づいて見た。
20200324_12
色々な場所に、日本食店が出来る時代になったもんだと思ったら、何と直ぐ近くの壁に最初のストリートアートを発見。
20200324_13
その細い路地にも。
20200324_14
なるほど。。。スポーツですか。
20200324_15
そして、その先に、小さなショッピング街があったので、中を散策。
20200324_16
すると、路地の突き当りの建物に、絵らしき物を見つけたので、行ってみる事に。
20200324_18
20200324_17
迫力の絵だった。そして、此処の突き当りを右へ行き、直ぐに左折をして直進。
20200324_19
こんな雰囲気の歩道なのだけれど、左側は新しく建てられた商店街のようだった。
20200324_20
こんな、日本と関わるような店が。
20200324_21
入っては見なかったけど、二つ目の日本を発見。
20200324_22
その先には、入り口の横に、こんな絵がある中華料理店だろうか?
20200324_23
そして、更に隣には、お寺??
20200324_24
この、お寺の横には路地があり、入ってみた。すると。。。
20200324_25
こんな絵を発見。笑顔が最高ですね。微笑ましい。
20200324_27
どうやら、この界隈は中華系の店が入るようだ。
20200324_26
そして、これが、お寺の背部の絵。
20200324_28
そして、すぐ横の壁には、こんな絵。
20200324_29
描いた方の刻印のような物でしょうか。
20200324_30
更に進んでいくと、商店の壁に猿の絵が。
20200324_31
そして、その近くにも。。。

いやいや。。。疲れた。と思ったら近くにスターバックスを発見。
20200324_32
これ程あるんだなぁ。。。と驚くと共に、無理しないで散策しようと休憩しました。

ポチッと2箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
  にほんブログ村   タイ(海外生活・情報)ランキング
 
 




メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。
mag2year2019_present_banner_500x500


このエントリーをはてなブックマークに追加

5

先日に。。。壁画の素晴らしさに感激し、他の場所を調べているとノンタブリのチャオプラヤー川に掛かる橋の下に、美しい絵があると知った。場所は、判ったものの、行く方法を探った。大きく分けて、2か所。BTSサパンタクシン駅下の船着き場から出る船で、ノンタブリへ行く方 ... 続きを読む
先日に。。。

壁画の素晴らしさに感激し、他の場所を調べているとノンタブリのチャオプラヤー川に掛かる橋の下に、美しい絵があると知った。
20200311_00
場所は、判ったものの、行く方法を探った。大きく分けて、2か所。BTSサパンタクシン駅下の船着き場から出る船で、ノンタブリへ行く方法は、そこからは渡し船と歩き?いやソンテウがあるらしいが、複雑な路地が集まっている場所なので、困難が予想される。一方で、MRTの駅からは、一本道で橋の入り口に行けそうだ。
20200311_01
そこで、更に調べると、赤丸の地点には、ソンテウの乗り合い場所があるとグーグルで分かった。

これならば、何とか行けそうだと思い、決断。
20200311_02
決行の当日は、何とか目的の駅に到着。
20200311_03
まずは、出口の確認。
20200311_04
20200311_05
此処からは、もう近い。
20200311_06
いやぁーソンテウと言っても小型だ。
20200311_07
乗ったら、こんなに狭い。オバちゃんを含めて、5人乗って出発。そして、10分弱で目的の、歩道橋の手前で降車。
20200311_08
この歩道橋から、橋方面を眺めると。。。
20200311_09
非常に複雑であり、此処から眺めると、橋には歩道が見えない。しかし、事前のチェックで、赤い矢印方向へ行けば、歩道に上がれると分かっていたので、向かってみる事にした。
20200311_10
暫く歩くと、ホッとした。間違い無かった。
20200311_11
階段を上ると、景色は素晴らしかった。暑かったけど。。。
20200311_12
20200311_13
それにしても、本当に綺麗な橋。こういった物を作り上げる建設技術も凄いなと思いながらの散策だった。
20200311_14
すると、途中では、釣り人が何人か。。。
20200311_15
そして、橋の中間地点に来ると、こんな表示板が。
20200311_16
この橋も、日本が少しは関わっていたんですね。
20200311_17
何て、感動していると上流からは貨物船。
20200311_18
下流のバンコク港へと向かうのだろうか。
20200311_19
去って行くまで眺めて、再び歩き出した。
20200311_20
そして、下り階段の場所に到着。
20200311_21
何段か下ると、アートが見えた!
20200311_22
此処が入り口。

多くの壁画がありました。

明日に続く。

ポチッと3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村




タイ(海外生活・情報)ランキング

 
 




メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。
mag2year2019_present_banner_500x500


このエントリーをはてなブックマークに追加

5

最近は。。。バンコクの端っこを歩きながら景色を眺める散策が好きになり、色々な場所に関心を抱いている。すると、こんなサイトに出会った。(名前間違っています) 実は、バンコクの壁に描いた絵をネットで発見し、それが河野ルルさんと言う方が描いたことを知り、最終的に ... 続きを読む
最近は。。。

バンコクの端っこを歩きながら景色を眺める散策が好きになり、色々な場所に関心を抱いている。すると、こんなサイトに出会った。(名前間違っています)
実は、バンコクの壁に描いた絵をネットで発見し、それが河野ルルさんと言う方が描いたことを知り、最終的に、此処に辿り着いた。このサイトでは、一生懸命描いている河野ルルさんの姿が分かった。

一生懸命に描いたならば!ではっ!是非に壁画を拝見したいと行動を開始。
20200305_01
最近は、バス利用が多いので、このアプリを使っている。非常に便利。特に、バスには番号が表示されているものの、何処へ行くなどの情報を確認し辛いが、それを解消してくれるし、驚いたのはバスにはGPSが載せられているようで、バス停から、来るバスの番号が分かるようにもなっている。
20200305_02
今回は、行きたい場所へのバスの番号を割り出し、バス停で待機。
20200305_03
しかし、待っても来る気配がない事が分かり、BTSへ移動し、サパンタクシン駅まで行った。
20200305_04
此処から、アイコンサイアムへの渡し船に乗る。
20200305_05
20200305_06
20200305_07
今回は、アイコンサイアムは通過するだけ。
20200305_08
川沿いから、反対方向の道路へと出る。
20200305_09
驚いたことに、BTS?MRT?が建設中。この道路を、北方向へ歩く。
20200305_10
そして目的の、Lat Ya通りに出たので、ソイ15を目指す。
20200305_12
どれだけ歩いただろうか?本当にヘロヘロになって到着。
20200305_11
ソイは、狭い袋小路。
20200305_13
20200305_14
20200305_15
20200305_16
入り口の壁に描かれていた画。そして、少し奥へ進むと。。。
20200305_17
そして、河合ルルさんの壁画があった。感激!!
20200305_18
20200305_19
20200305_20
20200305_21
今まで見てきた画と違って、物語を見ているような感じになった。
20200305_22
20200305_23
高い所まで描いて大変だったでしょうね。
20200305_24
20200305_25
そして、その近くには。。。
20200305_26
20200305_27
20200305_28
20200305_29
20200305_30
20200305_31
20200305_32
どうやら、他の日本人も描いた画の様だった。
20200305_33
20200305_34
20200305_35
20200305_36
20200305_37
20200305_38
最後にもう一回だけ全体を眺めた。
20200305_39
凄い!の一言。バンコクの隅っこですが、日本人が頑張って描いた壁画がありました。

ポチッと3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村




タイ(海外生活・情報)ランキング

 
 




メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。
mag2year2019_present_banner_500x500



このエントリーをはてなブックマークに追加