いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:巨大な合歓の木

5

先日は。。。休暇で来た友人を連れてカンチャナブリへ。 前回来た際には、此処へ連れて行ったが、非常に感激してくれたので、どうしてもカンチャナブリの巨大な木も見せたかった。そして、今回行ってみると周辺の整備に驚いた。これは、グーグルマップの上空からの写真。恐ら ... 続きを読む
先日は。。。

休暇で来た友人を連れてカンチャナブリへ。
前回来た際には、此処へ連れて行ったが、非常に感激してくれたので、どうしてもカンチャナブリの巨大な木も見せたかった。

そして、今回行ってみると周辺の整備に驚いた。
20200108_20
これは、グーグルマップの上空からの写真。恐らく、自身が最初に行った一昨年の11月頃と同様な状況と思われるが、中心部の大きな木の周辺は、自然に近い状況だけれど、今では休憩所や、散歩道。それに、売店の建物、広い駐車場も出来ている。
20200108_01
こんな看板まであった。
20200108_02
駐車場の近くには、こんな動物まで。。。
20200108_03
そして、木が見える道路に出ると大勢の見物客が。最初に来た時とは大違い。
これが初めて来た際の記事だけれど、写真を見ても分かるように柵も無い状態だったので、木の下には日陰を求めた車まで駐車されていた。
20200108_04
それが、周囲は綺麗に整備され、見物客がのんびりと出来る場所になった。
20200108_05
嬉しいですね。
20200108_06
20200108_07
20200108_08
以前ならば写せなかった、裏側からの写真。
20200108_09
この裏側も整地されて綺麗になっていた。以前は草がぼうぼう。
20200108_10
20200108_11
20200108_12
20200108_13
20200108_14
20200108_15
20200108_16
20200108_17
今回は、中に入って色々な角度から枝を撮影してみた。しかし、やはり好きなのは、この方向からの撮影。
20200108_21
しかし、余りにも幅が広い木なので全体を写真に収めるのは難しい。障害物があるので後ろに下がるのも限界まで下がる。
20200108_18
これが、自身のカメラで撮影。両端が入りきれない。
20200108_19
よって、スマホで撮影。先程の裏側は、木の枝が露わに見えるのだけれど。日が当たる方向の位置では、このように葉で覆われている。

今回は、乾季でもあり綺麗な青空を背景に撮れました。

シニアブログにもエントリーしました!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング


 
 




メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。
mag2year2019_present_banner_500x500


このエントリーをはてなブックマークに追加

5

ダム湖を後にして。。。奥へと進んでいきます。途中でGPSが、何故か使えなくなるが一本道。目的の場所は、この先に在った。いきなり、目の前に現れ、人も多く、何とか駐車して眺めた。巨大な合歓の木だ。こんな木を見るのは初めて。背後には屋台が在って、これがギリギリ。よ ... 続きを読む
ダム湖を後にして。。。
20181102_01
奥へと進んでいきます。
20181102_02
途中でGPSが、何故か使えなくなるが一本道。
20181102_03
目的の場所は、この先に在った。
いきなり、目の前に現れ、人も多く、何とか駐車して眺めた。
20181102_04
巨大な合歓の木だ。
こんな木を見るのは初めて。
20181102_05
背後には屋台が在って、これがギリギリ。
20181102_17
よーく見ると、ピンクの小さな花も咲いていた。
20181102_06
中に入ってみると、とにかく迫力が凄い。
20181102_07

20181102_09

20181102_08
乾季に入ったのか、木陰が涼しくて気持ちが良い。
20181102_10
枝の太さが良く判る。
20181102_11

20181102_12
この日は、太陽の光が強かったが、光が殆ど漏れて来ない。
最後に、何とか全体を写真に収められるか、場所を探した。
20181102_16
隣の敷地にも大きな木はあるが、しょぼく見える。
20181102_14
もう少し後ろに下がるか。。。
20181102_15
両脇に木があって、これが限界。

素晴らしい!

その一言でした。

高さは60メートル弱だそうです!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
 
 
 


このエントリーをはてなブックマークに追加