いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:昭和40年代の車

5

先日は。。。懐かしい車に出会った。それも、先日のホンダ車と同じ駐車場で。広い駐車場の隅っこに駐車されていた。見掛けた時に、近くの駐車スペースに車を停めて、飛び出して行った程に嬉しかった。俺が、子供の頃に市内を走るタクシーがこれだった。名前は、トヨペット コ ... 続きを読む
先日は。。。

懐かしい車に出会った。

それも、先日のホンダ車と同じ駐車場で。

広い駐車場の隅っこに駐車されていた。
20181124_01
見掛けた時に、近くの駐車スペースに車を停めて、飛び出して行った程に嬉しかった。
20181124_02
俺が、子供の頃に市内を走るタクシーがこれだった。
名前は、トヨペット コロナ。
20181124_03
対する日産は、ブルーバード。

その2車種が、タクシーの主流だった。

懐かしぃ!!
20181124_05
当時のグレードは、スタンダードとデラックス。
これは、ハイグレードのデラックス。
20181124_06
調べると、製造が開始されたのは、1964年との事。
昭和39年かな。

恐らくではあるが、これはフロントグリルからすればマイナーチェンジ後だと思うので、昭和40年代の車と推定する。
20181124_10
ドアノブを握ってボタンを押すと開くドア。
20181124_09
エアコンなど無い時代なので、三角窓を一杯まで開けると、社内に風が入って来るが、信号で止まるとジリジリ暑くなる。
20181124_11
眺めていると、近くに居た駐車場係の人が近寄って来て、俺の車だと自慢気の顔。
最近の車とは違って、ボディーの鉄板が厚いんだと言う。

ちょっと、中を写真に写したいとお願いすると快諾してくれた。
20181124_12
今、鍵を持っていないと言うので、窓越しに1枚。

本来、この車のシフトレバーは、ハンドルに付いていたが、何とシフトレバーは床から出ていて、オートマチック。

エンジンを交換している。

そうだろうな。

滅多に長距離を走らない俺でさえ、年間2万キロは走るので、50数年前の車だったら、100万キロ以上は走っていると思われるからな。。。

暫く話し込んで帰宅しました。

楽しい時間でした!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
 
 




このエントリーをはてなブックマークに追加