いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:果物市場

2

先日に。。。アユタヤ方面に行った帰りに、昨年も行ったフルーツ市場に寄った。相変わらず、多くの種類、そして量の市場。会社の同僚から教えてもらった事を切欠に、パイナップルと一言で言っても、収穫地も品種も違えば味も違う。しかも、パイナップル売り場の方々へ、食べ ... 続きを読む
先日に。。。

アユタヤ方面に行った帰りに、昨年も行ったフルーツ市場に寄った。
20190322_04
相変わらず、多くの種類、そして量の市場。
20190322_06
会社の同僚から教えてもらった事を切欠に、パイナップルと一言で言っても、収穫地も品種も違えば味も違う。
20190322_09
しかも、パイナップル売り場の方々へ、食べる予定日を告げると、最適な物を選んでくれることも分かった。
20190322_08
しかも、日本入国の際には、荷物の受け取り場所にある、検疫所で簡単なチェックで持ち込めることも知って、昨年は土産で日本へ持ち込んだ。
20190322_01
6個買って。。。
20190322_02
値段は、この通り。
20190322_13
切ってみると、美味しさが伝わってくる。
20190322_14
これを、家族や親戚に配ると、非常に喜んでくれた。
20190322_15
わざわざ、遠くまで買いに行っても、満足できることだった。

”だった”なのだ。
20190322_16

昨年末に、規制内容が変更となって。。。
20190322_17
検査証明書が必要となった。

それは、いったい何処で?
どうやら、スワンナプーム空港では、無いらしい。

カセサート大学の中にある、検査所に持っていくらしい。

場所は?
20190322_18

何とか、ここまで判明。

今年は、どうするか迷っております。

面倒ですね!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング

 
 



今週のメルマガのテーマは、さらば!オンヌット。何故に去ることになったか、そして辿り着いたウドムスック。その詳細を公開します。
メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

4

先日に。。。コメントでも質問が寄せられた、土産で日本へ持参したパイナップルはどうであったか?そんな事を、語ってみたいと思う。実は、パイナップルを持ち帰ったのは2度目の事。前回は、普通にBIG-Cのようなスーパーで1個買って持ち帰った。家では、家族みんなで美味し ... 続きを読む
先日に。。。

コメントでも質問が寄せられた、土産で日本へ持参したパイナップルはどうであったか?

そんな事を、語ってみたいと思う。

実は、パイナップルを持ち帰ったのは2度目の事。
前回は、普通にBIG-Cのようなスーパーで1個買って持ち帰った。

家では、家族みんなで美味しいと食べた。
パイナップルは、何処で買っても美味しいのだ。

そう思っての事だった。

しかし!
同僚から教えてもらった果物市場。
感激の巨大果物市場(後編) 

これが衝撃的だった。
20180425_13
店頭には、こんなパイナップルが飾られ、思わず買って帰った。
20180425_14
買ったパイナップルの切り口が凄かった。
当然、甘くて美味い。

その体験を、家族全員で味わいたいと再度訪問。
20180425_03
6個購入。
20180425_04
価格は、キロ単価が20バーツで220バーツ。
よって、1個が2キロ弱の重さ。
20180425_05
そして、1個は会社で同僚と食べた。
同僚の感想は、普通よりは甘くて美味しいが、まだタイには美味しいパイナップルがあるとの事だった。
20180425_07
さて、それでは日本への持ち込みはどうだったのか?
20180425_08
日本へは、大小のスーツケースを2個。
それと、肩から下げるバック。
この大きい方へ、パイナップルや他の土産を入れた。

スワンナプーム空港では、何事も無く預けて出国。

到着した羽田空港では。。。
20180425_09
国際線到着の手続き
3番の手荷物を受け取った後に、4番の検疫窓口へ行き、パイナップルを差し出すのだ。
俺は、スーツケースを開いて、小分けして袋に入れていたパイナップルを差し出そうとすると、係員の方は、3個だけチェックしますと言った。

チェックは、5分程度で終了し、スーツケースに”検疫済”の紙を貼ってくれた。

そして、税関検査を通り、到着ロビーへ。

そして、秋田へと行き、家に到着。
20180425_02
年老いた母は、馴染まない食べ物には、あまり興味は無かったが、姪っ子は興味を抱いたのか、喜んで食べて家に持ち帰った。
20180425_01
果物の乾物は、母が1個1個を手に取って確かめながら口に運んで、味を確認して食べていた。

そして、パイナップルを1個、冷蔵庫へ入れ、残りの4個を懐に抱えて、親戚回り。

帰って来て、冷えたパイナップルを切りさばいてテーブルに置くと、母は。。。

何も気にすることなく口に運んで、美味しい美味しいと喜んでいる様子。

そして、タイへ戻り、こんな話をすると同僚の一人が言う事には。。。

もっとも甘いパイナップルの一つに、小粒なパイナップルがあると言うのだ。

それを聞いてハッとした。

過去に食べた事があったのだ。
20180425_10
写真を探すと4年前の事。
20180425_11
名刺を置くと隠れそうになるほどの小さいパイナップル。
20180425_12
切ると、こんな感じ。

大きさはリンゴ程度なので、直接噛んで食べるかな?

何故に、これが良いかと聞くと。。。

大きいパイナップルは、上と下で甘味が違うと言うのだ。

なるほどな。。。

そうは思うが、完全納得は出来ないので、これから1年かけて、調べます!

楽しみが出来ました!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング


5

今週に入って。。。朝の通勤で、車が少ない。今日は、全く渋滞も無くスムーズに会社に到着した。もう、ソンクラン休暇モードなのだろうか。チャトチャックへ行くと、人だらけになっているのかもしれない。昨日に、ランシットのお客さんへ行った際、道路は結構混んでいた。移 ... 続きを読む
今週に入って。。。

朝の通勤で、車が少ない。

今日は、全く渋滞も無くスムーズに会社に到着した。

もう、ソンクラン休暇モードなのだろうか。

チャトチャックへ行くと、人だらけになっているのかもしれない。

昨日に、ランシットのお客さんへ行った際、道路は結構混んでいた。

移動時期にも入ったか?

もう、ついでに寄る場所は決まっている。

果物市場だ。
20180407_01
正直言って、この地区一帯が市場なのだ。
広大な敷地に、色々な物を扱う市場が散らばっている。
とにかく凄い場所だ。

よって、特にこの建物を目指す必要はない。
この界隈には、他にも果物を扱う建物は複数ある。

ちなみに、タブレットで現在地を確認すると。
20180407_10
このような場所だ。
道路が網の目になっているが、市場の建物だらけ。

俺は、たまたま前回に此処へ来たので、再びの参上となった。
20180407_04
いかに広大な建物であるか判ると思うが、こんな建物が他にも複数、そして小さな建物を含めると凄い規模である。
20180407_02
此処が好きなのは、店が密集しておらず、余裕で品定めが出来る事。
20180407_05
また、パイナップルと一言で言っても、本当に色々な産地と種類があると判る。
20180407_06
何の知識もない俺は、切り口の色でしか判断できない。

今回は、これを購入。
シラチャー産のパイナップル。

食べる日を聞かれたので、日にちを告げると、選んでくれた。
20180407_07
6個購入。
20180407_08
1Kg当たり20バーツで、220バーツ。
20180407_09
翌日に、1個を会社の事務所へ持って来た。

そこで、同僚達とパイナップル談義。

基本的には、シラチャー産は甘味は少ないとの事。
次回は、ウタラディット産かチェンライ産がお勧めと知った。
20180407_11
切ると、美味しそう。
20180407_12
食べてみると、酸味は全く無し。
確かに、甘味控えめ。

しかし、老いた母にはピッタリかな?

ところで、パイナップルはタイから日本に持ち込めるか?
タイ:植物防疫所 - 農林水産省 

持ち込めるのだけれど、検疫が必要だ。
国際線到着の手続き 

手荷物を受け取った後に、同じフロアーの検疫官の居る場所に行き、チェックを受ける。

税関に行って、晴れて日本入国だ。

あまり熟しすぎると不味いらしいです!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング