いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:洞窟

5

今回の旅で。。。お世話になった方が、お二人居ました。まずは、入園料の支払い、船の料金の支払い。そして、船の乗り場や、乗る船についてアドバイスしてくれた女性。そして、登り口で携帯を見ながら、誰かを待っているかのようにしていた男性。実は、その男性は、この方だ ... 続きを読む
今回の旅で。。。

お世話になった方が、お二人居ました。
20190723_15
まずは、入園料の支払い、船の料金の支払い。そして、船の乗り場や、乗る船についてアドバイスしてくれた女性。
20190724_03
そして、登り口で携帯を見ながら、誰かを待っているかのようにしていた男性。
20190725_01
実は、その男性は、この方だったのですが、自分が登り始めて暫くしてから登りはじめ、3回目の休憩ぐらいで、追いついて来られました。そして、その後、ずっと自分を追い越さず、後ろから様子を伺ってくれて、此処まで付いて来てくれたのです。恐らく、年齢も年齢なので、事故が無いようにと思ってくれたのでしょう。後から聞くと、管理事務所の方らしく洞窟内の清掃もしていました。
20190725_02
その方からの、お勧めで洞窟の奥にある、こんな場所でお参りも出来ました。
20190725_03
まずは、この階段を登って、隣の場所へ。
20190724_15
その隣の場所は、こんな天井の形をしています。
20190725_05
其処には、説明書きが。
20190725_04
どうやら、非常に珍しいようです。
20190725_06
少し上り坂を歩き、その先からは下り坂。しかし、石の表面はツルツルになっているのも多く、足元を確認しながらの歩きなので、決して楽ではない。
20190725_07
途中で休んでいると、軽快に歩く犬。。。
20190725_08
何とか、眼下に出入り口が見えてきた。
20190725_09
海への一本道。此処でも、1回休憩するほどに疲労困憊。
20190725_14
浜辺で、これを見せると船を呼んでくれた。
20190725_10
歩くのも辛い。
20190725_11
何とか乗船。
20190725_12
途中で、山を見ると頂上近くに穴がポッカリ。あそこまで、行ったのかもしれない。
20190725_13
船に入ってくる風が、最高!
20190725_15
浜に到着するも、朝に比べて引き潮が凄い状況。向こうの建物の場所まで徒歩。まさに、泣きっ面に蜂。
20190725_16
海岸に近い一帯は、ドロドロで粘りが強い砂地。歩きづらい。
20190725_17
その後は、やや硬めの砂地。ポツポツと穴が見えるが、小さな蟹が出入りしている様子。
20190725_18
何とか駐車場に無事生還。

この駐車場を出発したのは、8時半。戻って来たのは、12時半。

往復4時間の洞窟旅でした。

完。

シニアブログにもエントリーしました!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング
 
 


メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

5

登り口がある海岸に到着してから。。。日陰にあった足を洗う場所で、裸足だった足を洗いスニーカーを履いた。そして、気合を入れて登り口へ向かった。この案内を頼りに奥へと進んだ。すると、登り口へ行くだろう道を発見。向こうに人影が見えたので、その方向へと歩き進んだ ... 続きを読む
登り口がある海岸に到着してから。。。
20190724_27
日陰にあった足を洗う場所で、裸足だった足を洗いスニーカーを履いた。そして、気合を入れて登り口へ向かった。
20190724_01
この案内を頼りに奥へと進んだ。
20190724_02
すると、登り口へ行くだろう道を発見。
20190724_03
向こうに人影が見えたので、その方向へと歩き進んだ。
20190724_04
やはり、そこには入り口があった。少し写真では分かり辛いかもしれないが、殆ど階段の様にはなっておらず、石の道。しかも、いきなり急勾配。
20190724_05
延々と、この道が続く。10歩歩くと休憩。そんな状況が延々。足場は悪いし、一歩一歩を確認しながら歩く。
20190724_06
もう、このような急勾配は、普通の状況。途中で石に腰かけて休み、汗を拭って水分補強の繰り返し。
20190724_07
中間地点の見晴らし台に到着。
20190724_08
景色を眺めて喜ぶ気分にもなれず。腿の筋肉がガタガタ。近くに居た人に聞くと、残り半分の、その半分は下り坂だと。それを聞くも、喜びは半分。帰り道も辛そうだから。
20190724_09
下り坂が始まった。
20190724_10
暫くすると、洞窟の看板が出てきた。もう近そうだ。
20190724_11
何とか到着。
20190724_12
20190724_13
今度は、急な下り階段。
20190724_14
下に到着。
20190724_15
この場所から、少し奥に入った所に宮殿はあった。
20190724_17
20190724_18
20190724_19
20190724_16
20190724_20
20190724_21
20190724_23
20190724_25
20190724_26
感激するも、腿はガクガクが続くので、暫く休憩しました。

ここまで、登り口から掛った時間は、1時間半。

疲労困憊でした。

シニアブログにもエントリーしました!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング
 
 


メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

5

今回の旅。。。以前から機会があれば行ってみたいと思い続けていた場所へ行く事に。 場所は、こんな所にある。距離は、片道で230キロほど。その工程の殆どは一般道なので、前日は早目に就寝。そして、夜明け前の4時半に出発。幸いに交通量も少な目で、順調に走り続けた。国道 ... 続きを読む
今回の旅。。。

以前から機会があれば行ってみたいと思い続けていた場所へ行く事に。
場所は、こんな所にある。

距離は、片道で230キロほど。その工程の殆どは一般道なので、前日は早目に就寝。
20190723_01
そして、夜明け前の4時半に出発。幸いに交通量も少な目で、順調に走り続けた。
20190723_02
国道35号線で西へ向かい、国道4号線に出てからは、南へと向かった。
20190723_03
4号線を走り続けると、夜が明けてきた。
20190723_04
そして、夜が明けたころには、ペッチャブリー県の外れまで来ていた。
20190723_05
そして、プラチュワップキーリーカン県へ入る。
20190723_06
明るくなった頃に、向こうに山が見えてきた。まずはの目的地は、山の左側の海岸だ。
20190723_07
近付くに連れて、山肌が変わって来た。
20190723_08
最初の目的地は、もう直ぐそこ。
20190723_09
20バーツ支払って駐車場に到着。
20190723_16
此処から、船で向かうようなのだが、どう行動してよいやらウロウロしていると。。。
20190723_15
周辺を掃除していた女性が流暢な英語で話しかけて来てくれて、説明をしてくれた。
20190723_14
窓口へ行って、入場料200バーツを支払う。
20190723_13
事前の調査では、此処から船で洞窟へ行く入り口へ向かうと。。。
20190723_11
まごまごしていると、さっきの女性がまた来て、同様の窓口で船代も支払うのだと言う。
20190723_12
往復で、400バーツ支払い、2の札を受け取る。そして、女性が指を指したのは海岸方向。真っすぐ行けと言う。
20190723_19
随分と、遠くだ。
20190723_17
左は、こんな景色。
20190723_18
駐車場とは、しばしの別れ。
20190723_20
海岸に行くと、2番の番号の船が近づいて来て乗り込んだ。
20190723_22
船が動き出した。
20190723_21
駐車場が遠ざかる。
20190723_24
20190723_25
20190723_23
景色が綺麗だ。
20190723_26
5分程度で、向こう側に建物が見えてきた。
20190723_29
到着。
20190723_27
綺麗な砂浜は、久しぶりの眺め。
20190723_28
さぁ!向こうまで行って、山を登る靴に履き替えて、洞窟まで行こう!!

凄い事が、待ち構えていました。

シニアブログにもエントリーしました!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング
 
 


メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

5

洞窟見学後に。。。次の目的地までは、30分ほど掛っただろうか。街中に、公園の様な場所があり、そこが目的地だった。目指した場所は、岩山が建ち並ぶ場所の一角に在る、お寺。此処まで来る田舎道では、蝶々の群れや猿の群れだらけだったが、この周辺は、商業地区や住宅もあ ... 続きを読む
洞窟見学後に。。。

次の目的地までは、30分ほど掛っただろうか。

街中に、公園の様な場所があり、そこが目的地だった。
20190606_01
目指した場所は、岩山が建ち並ぶ場所の一角に在る、お寺。
20190606_02
此処まで来る田舎道では、蝶々の群れや猿の群れだらけだったが、この周辺は、商業地区や住宅もある事からか、それらが一切無かった。
20190606_03
早速、登ってみる事に。
20190606_04
これが、登って振り返って写した写真。
入り口の前では、靴を脱いでから入る。
20190606_05
この手前に売店がある。
20190606_06
1セット購入。
20190606_07
お線香と、金箔が入った紙。
20190606_08
お参りした後に、金箔を貼り付ける。
20190606_12
20190606_10
20190606_11
どの仏像さんも金箔だらけ。
20190606_09
少し奥まった場所にも仏像さん。
20190606_13
石壁にも仏像さん。
20190606_14
出入り口の横にも、仏像が置かれていて、すぐ横には。。。
20190606_16
更に穴があって、お坊さんの声が聞こえていた。
20190606_17
お参りが終わった後は、再び外に出てすぐ横の公園に散歩へ。
20190606_18
実は、この左方向には駐車場があり、その反対方向の右側に、ちょっとした公園があったのだ。
そこには、壁を掘って作った??仏像があるのだ。
20190606_19
要するに、石壁に引っ付いていると言った表現で良いのか分からないが。。。
もう少し近くに寄ってみると。
image1
20190606_20
それにしても、このポーズの意味するところは何なんだろう?と、ついつい考えてしまう。
引き締まったウェストに少し傾いた首に内またの脚。。。

タイらしいかもなぁ。。。そう思ってしまいました。

シニアブログにもエントリーしました!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング
 
 


メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

5

先日は。。。洞窟見学へとラチャブリーへ向かった。途中では渋滞も無く、スムーズな行程。やがて、田舎道になり、目的地に向かう細い道に入った。暫く進むと、驚く事に蝶々の群れに遭遇。思わず写真撮影するも、背景に隠れて分からないので、動画を撮影してみた。判るだろう ... 続きを読む
先日は。。。

洞窟見学へとラチャブリーへ向かった。
20190605_01
途中では渋滞も無く、スムーズな行程。
やがて、田舎道になり、目的地に向かう細い道に入った。
20190605_02
暫く進むと、驚く事に蝶々の群れに遭遇。
20190605_03
思わず写真撮影するも、背景に隠れて分からないので、動画を撮影してみた。

判るだろうか?とにかく凄い群れ。怖くて窓を開けない位に多い。
20190605_04
そして、洞窟見学の為の駐車場に到着。
20190605_05
駐車場から歩いて数分の場所に入り口はあった。
20190605_06
これが、実際の入り口。階段を下れるようになっている。
20190605_07
下ってみて分かったが、この洞窟には太陽の光が入って来ない。
20190605_17
洞窟内は、幅は一人用と思われる道が作られており、ライトで照らされている。この道を歩き見学をする。
20190605_08
20190605_10
20190605_09
場所によっては、ライトで照らされている。
20190605_11
この辺では、グリーンの光で照らされていた。
20190605_13
20190605_14
20190605_12
20190605_15
洞窟内は、結構蒸し暑く、扇風機も回されていた。
20190605_12
結構な広さもあり、歩きにくさも加わって、30分くらいは歩き、迷子になったかもと不安な気も沸いてきた時に。。。
20190605_16
景色が、入って来て直ぐの雰囲気に。
20190605_18
その先に、太陽の光が見えて、ホッと一息。
image1
20190605_19
次の場所へ行こうと、蝶々が舞い飛ぶ道に入ると、この時には猿の群れに遭遇し、轢かぬように慎重に運転することになりました。

シニアブログにもエントリーしました!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング
 
 


メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

5

最初の洞窟を出てから4号線を車で走った。。。30分ほどで、洞窟へ行く為の駐車場に到着。此処は、今回旅の最大の目的地。駐車場の近くには、猿の群れ。此処からは、往復15バーツを支払って軽トラで向かう。5分程度で到着。さて、此処からどう行くのか?案内板に従って、行く ... 続きを読む
最初の洞窟を出てから4号線を車で走った。。。

30分ほどで、洞窟へ行く為の駐車場に到着。
20190508_02
此処は、今回旅の最大の目的地。
20190508_01
駐車場の近くには、猿の群れ。
20190508_03
此処からは、往復15バーツを支払って軽トラで向かう。
20190508_05
5分程度で到着。
20190508_04
さて、此処からどう行くのか?
20190508_06
案内板に従って、行く事に。
20190508_07
目的地には、坂道を登って行くようだったので、少し不安が過った。
20190508_08
しかし、直ぐに下りとなり、入り口が見えた。
20190508_09
何と、急な階段を下るようだ。
20190508_10
階段の途中から見えた、下の様子。
こりゃー行きは良いが、帰りの登り階段が辛そうだ。
階段1段1段が、とにかく段差がきつくて、注意が必要。
何とか、辿り着いて、上の写真で示せば、真ん中付近で女性らしき二人が立っている場所から、見た洞窟内が素晴らしかった。
20190508_13
奥は、広い空間に加え、天井には穴が開いていて、太陽の光が差し込んでいた。
感動の景色が目の前に。。
20190508_14
20190508_11
この空間の奥にも、やはり同じような空間があった。
20190508_17
そこには、横たわる仏像。
20190508_12
そして、まだまだ奥が続いていた。
20190508_19
20190508_21
外は、猛暑なのだけれど、洞窟の中は涼しいとはいえ、汗がタラタラ。
20190508_22
とりあえず、戻って暫く休憩。
20190508_15
所々に椅子もあって、休憩できるようになっているのだけれど、登り階段を見上げると、非常に憂鬱な気分。

エネルギーを貯めて、一気に登ろうと思ったけれど、途中1回休み。

地上に辿り着いたら、息切れしそうでした。

素晴らしい場所でした!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング

 
 
メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

5

今回の日帰り旅。。。以前に、バンコクより南へと旅をした際の事前チェックで、観光名所が多い事に気が付いた。 何よりも興味を抱いたのは、洞窟の中の景色。今回は、友人を連れて、ペッチャブリーへ向かった。友人が宿泊するホテルはエカマイ。朝8時に迎えに行き、出発。途 ... 続きを読む
今回の日帰り旅。。。

以前に、バンコクより南へと旅をした際の事前チェックで、観光名所が多い事に気が付いた。

何よりも興味を抱いたのは、洞窟の中の景色。
今回は、友人を連れて、ペッチャブリーへ向かった。

友人が宿泊するホテルはエカマイ。朝8時に迎えに行き、出発。途中、道路工事で渋滞も、それを抜けると順調に車は流れ、途中休憩もしながら、2時間と少し掛かって、何とか現地に到着。
20190507_01
カオヨーイ洞窟。
20190507_02
駐車場に車を停めると、入り口はすぐ目の前。
20190507_04
上を見上げると岩山だ。
20190507_05
その麓にお寺がある。
20190507_03
この階段を上り、中に入る。
20190507_06
中に入る入り口には、オバちゃんが居て、そこで靴を脱ぐ。
後で分かったのだが、この界隈には猿が出没するので、靴の見張り番との事。
20190507_07
入ると直ぐに、お祈り用の花。20バーツで購入。
20190507_08
この、白い紙は、金箔を挟んでいる。
20190507_09
20190507_11
この日は、令和が始まった日。手を合わせて祈る。
20190507_10
その後は、洞窟見物。
20190507_12
20190507_13
此処が、階段を上がり切った場所。
20190507_14
眼下は、さっきの大仏様が居る場所。
20190507_15
感じたのは、お寺である訳なのか、駐車料金も無く入場料も無い。

しかし、観光客は多く、出る際に、靴の見張り番のオバちゃんにチップを渡した後に、”日本人は着ますか?”そう問うと、”来ますねぇ~”

そんな回答でした。

次の洞窟に向かいました。

外は猛暑ですが中は涼しいです!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



タイ・ブログランキング

 
 
メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。