いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:赤ワイン

5

先日に。。。スクムビット通りソイ33/1近くのビラマーケットの件では、驚きと共に14時過ぎにもかかわらずワインが買えたのだが、驚きは他にもあって。。。下から3番目の棚には、カオヤイ産のワインも並んでいた。実は、いつか行ってみたいと思っていたワイナリー産で興味 ... 続きを読む
先日に。。。
20190219_02
スクムビット通りソイ33/1近くのビラマーケットの件では、驚きと共に14時過ぎにもかかわらずワインが買えたのだが、驚きは他にもあって。。。
20190219_03
下から3番目の棚には、カオヤイ産のワインも並んでいた。
実は、いつか行ってみたいと思っていたワイナリー産で興味深く拝見させていただいたが、少し価格は高めで断念し、下から2段目のワインを赤白1本ずつ選択し購入した。
20190222_03
そして今回は、赤を飲んでみる事に。
白と同じくパトゥンタニのワイナリー産。
20190222_04
やはり、原料はブドウではなく、以下の果物を使ってのワイン。


タイ産の安いワインでは、このような果物を原料にした物は多いと感じる。

個人的には、美味しいと感じる。

これが、あるのでパクナーム海鮮市場へ足が向いたと言っても過言ではない。
20190222_05
まずは、1杯飲んでみて美味しさを味わう。
味は、ドライで少しマイルド。
20190222_01
市場から買ってきたホタテ貝は、貝柱以外にもエラや内臓などが含まれているので、ネットで食べられる部分と、それ以外を調べてさばいた。

結構な時間を要したが、何とかここまで来た。
20190222_02
バターの上にチーズを乗せて、オーブンで焼く。
20190222_07
これらの摘みで、赤ワインを飲んでみると!

バカ旨でありました。


残りは冷凍庫で保管しています!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
 
 

メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

3

先日に。。。BIG-Cへ行って、タイ産焼酎を買った後に、ワインコーナーを覘いた。輸入ワインは価格が高いのだけれど、タイ産となれば300バーツ前後で買う事が出来る。この棚が、主にタイ産のワインが並ぶ。一応一つ一つを見たものの、飲んだ事がある物ばかり。そして、もう少 ... 続きを読む
先日に。。。

BIG-Cへ行って、タイ産焼酎を買った後に、ワインコーナーを覘いた。

輸入ワインは価格が高いのだけれど、タイ産となれば300バーツ前後で買う事が出来る。
20190123_03
この棚が、主にタイ産のワインが並ぶ。
20190123_02
一応一つ一つを見たものの、飲んだ事がある物ばかり。
そして、もう少し眺めて見ていると。。。
20190123_01
歯抜け部分があった。
実は、1本だけ歯抜けの真ん中に置いて有り、それを見て俺が取り上げた。
値段は、299バーツ。

その時点で、ラベルを調べたのだけれど、文字が細かすぎるし、眼鏡も持っていなかったので、まぁいいかぁ。
そう思って買った。
20190123_04
それが、これ。
意味不明の牛の絵。
20190123_05

20190123_06
どうやら輸入ワインのようだ。
20190123_07
何か、グチャグチャ書かれているけれど、飲んでみようと思って、後日にクリームチーズと生ハムを購入。
20190123_09

20190123_11
スーパーで売られている生ハムの殆どは輸入物だけれど、これは国産と思われる。値段は輸入物の半値以下。
なのだけれど、味はそれなり。
20190123_12
ワインは、コルクでは無く、キャップを手で回すと直ぐに開いた。
20190123_14
20190123_16
生ハムは、少し硬くてよく噛まないと飲み込めないが、安いので我慢。
20190123_15
何故に牛の絵なのかずっと気になるが、無視して飲んでみると渋さも無くて俺好み。

ネットで調べてみると、オーストラリア産ワインでありました。

飲みやすい味でした!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
 
 

メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。

5

最近は。。。夜は、もっぱら焼酎をチビリ。そんな中、インターネットを眺めているとタイで赤ワインを飲んだと言う記事を読んだ。売っている殆どが輸入品で非常に高価だが、タイ産ワインも少しずつ増えて来ている。そんな記事だった。確か、5年前程にタイ産ワインを発見し飲 ... 続きを読む
最近は。。。

夜は、もっぱら焼酎をチビリ。

そんな中、インターネットを眺めているとタイで赤ワインを飲んだと言う記事を読んだ。

売っている殆どが輸入品で非常に高価だが、タイ産ワインも少しずつ増えて来ている。

そんな記事だった。
20181002_15
確か、5年前程にタイ産ワインを発見し飲んだ記憶がある。
安くて、そこそこ美味しかったと思う。

そんな記事を読んだ後日。
20181002_01
最近の買い出し場所にしているビラマーケット。
此処のフロアーの酒コーナーは広い。

その中でも、ワインコーナーは、半分以上を占めていると思う。
20181002_02
少し、慎重に見渡すと。。。
20181002_03
安いワインもあった。
20181002_04
こんなラベルの赤ワインを購入。
20181002_05
裏のラベルを見ると、サイアムワイナリーのマーク。
てっきり、タイ産と思いきや、HPで調べるとチリ産ワイン。
20181002_06
摘みは、クリームチーズ。
20181002_07
これは、タイ産。
20181002_08
それに加え、生ハム。
20181002_09
これも、タイ産。
20181002_10
全てがタイ産とは、ならなかったが準備は出来た。
20181002_11
しかし、このワインはコルクではなく、しかも非常に締まりがきつい。
苦労してオープン。
20181002_12
個人的には、ドライタイプのワインが好きだ。
20181002_13
結果は、クリアーで、まろやか。

実は、他にもチリ産で299バーツの赤、白ワインも置いていた。

チリ産も美味しいですね。

初チリ産でした!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
 
 
 

5

先日の日曜日は。。。久々にワインを飲みたい気分になった。ワインを知った時代は、白ワインしか目に入らなかったが、ある切欠で赤ワインも好きになった。当時、日本では北海道や山梨などで日本産ワインの生産が盛んになった頃で、安く飲めるようになった時代だった。その時 ... 続きを読む
先日の日曜日は。。。

久々にワインを飲みたい気分になった。

ワインを知った時代は、白ワインしか目に入らなかったが、ある切欠で赤ワインも好きになった。

当時、日本では北海道や山梨などで日本産ワインの生産が盛んになった頃で、安く飲めるようになった時代だった。

その時に飲んだ赤ワインが、渋くて渋くて。。。
それが印象に強く残ったので、それ以降は白ワインしか、飲まなくなった。

しかし、就職してから暫くした頃、海外の仕事が増え、南アフリカ担当の先輩社員と交流を持った際に、南アフリカ産の赤ワインを土産で頂戴した。

それが何と、渋みも無いあっさりワインだった。
たった1本で赤ワインの印象を変えてくれた。

そんな思い出がある。

俺が知る、ワインが豊富な店は。。。
20171121_01
此処には、酒類は豊富。

それと、赤ワインと何を食べようかと、少しだけ調べてから向かった。
結果的には、南アフリカ産赤ワインは、そこそこの種類が売っていた。

俺は、あまりワインに関しての知識はないのだけれど、産地としては有名な場所に入るのかも知れない。
20171121_07
少なくとも、10種類以上はあっただろうと思うが、特売の1本を選択。
20171121_11

20171121_08
赤ワインと一緒に食べたかったのは。。。
20171121_04
タイ・フレンチ牛肉。
これを、トマトで煮込むと美味い??
そんな情報を頭に入れて。。。
20171121_06
こんな缶詰も購入。
20171121_03
一緒に煮込む具。
20171121_05
それに、パプリカを追加。

これを、時間を掛けて、コトコトと煮たのだが!
味が今一歩。。。いや!今十歩。
俺好みではなく。
20171121_02
エイヤーの適当な気分で、鍋にこれを追加。
そしてコトコト。
しかし、味見するも全く駄目なので、日本のカレールーの欠片を2個ほど追加。
20171121_15
3、4時間煮込んだだろうか。
味見して見ると、バッチリ!

そして、夕方。
20171121_09
タイでの、飲み納め。
20171121_10
タイでの製造は中止だと。。。
まぁ。。。値段は他社より高いし、それに優る個性はタイ人には通じなかったのかなぁ~と。
俺にも、通じなかったけど。
20171121_12
煮込んだ結果がこれ。
20171121_13
肉は、箸で簡単に崩れる程に。
20171121_14
ワイングラスなど無いので、普通のコップ酒。

煮込みは、安易な発想ながら絶品の自画自賛!

やはり、南アフリカ産の赤ワインは最高でありました。

たまには良いですね!!
そう思った貴方は4箇所クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村