いまだ旅の途中☆クルンテープの大空から

バンコク在住のオヤジが同年代の皆様に送る応援歌です。

タグ:C56

5

目的の船着き場に到着。。。非常に快適な船だった。目的の場所は、此処からは直ぐ近く。歩いて、1分程度の場所。歴史博物館があるが、その先に小さな公園がある。この公園は、歴史博物館の公園と思いきや違うようだ。日本製のC56機関車。 過去に、2車両に会いに行っている ... 続きを読む
目的の船着き場に到着。。。
20191023_01
非常に快適な船だった。
20191023_02
目的の場所は、此処からは直ぐ近く。
20191023_03
歩いて、1分程度の場所。
20191023_04
20191023_05
歴史博物館があるが、その先に小さな公園がある。
20191023_06
この公園は、歴史博物館の公園と思いきや違うようだ。
20191023_07
日本製のC56機関車。

過去に、2車両に会いに行っているので、3車両目となる。
こんな車両もあったし、
20191009_24
MRTのパープルラインでは、日本のODAが関わっていたし。
20191009_28
車両は東芝製。
鉄道だけ見ても、タイと日本の関りの深さが分かる気がする。
20191023_09
20191023_08

20191023_11

ウィキペディアから引用すると。。。
C56形は軽量小型でありながら長距離の運用に適する設計であるために軍部より注目され、太平洋戦争開戦直前の1941年11月および12月に、製造された160両のうち半数以上の90両 (C56 1 - 90) が供出され、タイ・ビルマ(現・ミャンマー)へと送られた。
20191023_12
今は、こうして綺麗に展示されているけれど、送られてきた当時は大変だったのかもな。
20191023_13
20191023_14
20191023_15
この公園は、川沿いに在る。
20191023_16
ボートが行き交うエンジン音やら、堤防に打ち寄せる波の音が聞こえてくる。
20191023_17
20191023_18
20191023_19
公園を一周してから、再び船で帰る事にした。
20191023_20
20191023_21
20191023_22
機関車を眺めても、このチャオプラヤー川の様子を眺めても、来て良かったと感じました。

公園は入場無料です!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング

タイ・ブログランキング
 
 


メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

5

フワランポーン駅へ来た訳は観光だけでは無かった。。。こうしてタイに長く住んでいると、過去に日本と繋がっていた歴史に興味を持つようになる。 先日の慰霊碑も、日本人として知らなかったことが恥ずかしくなるくらいの心境になった。 そして、泰緬鉄道の主力として走って ... 続きを読む
フワランポーン駅へ来た訳は観光だけでは無かった。。。

こうしてタイに長く住んでいると、過去に日本と繋がっていた歴史に興味を持つようになる。
先日の慰霊碑も、日本人として知らなかったことが恥ずかしくなるくらいの心境になった。
そして、泰緬鉄道の主力として走っていたC56機関車に会いに行ってからは、その歴史にも少し興味を持った。これは、47号機だったのだけれど、ウィキペディアには、こんな情報が掲載されていた。
鉄道省向けとしては、1935年(昭和10年)から1939年(昭和14年)までの間に160両が製造されている。製造メーカーは川崎車輛、汽車製造会社、日立製作所、日本車輌製造、三菱重工業の各社である。このほかに、樺太庁鉄道向けに4両、民間向けに1両が製造されている。

そして、47号機は三菱重工業で製造されたとの記述もあったし。更にこんな記述も。。。

軍事供出
タイより帰還し、大井川鐵道で動態保存されていた当時のC56 44。(2001年7月 新金谷駅)
疾走するタイ国鉄色C56 44。2008年3月
C56形は軽量小型でありながら長距離の運用に適する設計であるために軍部より注目され、太平洋戦争開戦直前の1941年11月および12月に、製造された160両のうち半数以上の90両 (C56 1 - 90) が供出され、タイ・ビルマ(現・ミャンマー)へと送られた。
供出に際しての主な改造内容は
1、車輪のタイヤを特殊形状のものと嵌め換えて軌間を1mへ変更
2、空気ブレーキを真空ブレーキに変更
3、除煙板を撤去
4.薪を燃料とするため、焚口を拡大し、炭水車の炭庫上部を柵で囲う
5.連結器を交換
6、車両限界の差異に基づき屋根や煙突・蒸気溜めドームの縮小改造
7.熱帯地方向けのインジェクタへ交換
などである。

更に、注目した記述は。

これらは1970年代後半から1980年代前半まで使用され、現在でも713 (C56 15) ・715 (C56 17) がタイ国鉄の手によってトンブリ鉄道工場(バンコク都内)で動態保存されている。また1979年(昭和54年)には、725 (C56 31) と735 (C56 44) が日本に帰還することになった。この2両は数多い出征機関車の中でも特別な存在である。C56 31は泰緬鉄道開通式に使われた機関車で、C56 44はタイで使われたC56形の中で、現地で組立てられた機関車の第1号機関車であった。両機ともに、ロッドなどの細部の部品がいたるところ他の同型出征機関車から流用・修理されており、その戦歴を物語る。
現在、C56 31は靖国神社の遊就館で静態保存、C56 44は大井川鐵道で動態保存されている。C56 44は、帰国後はオリジナルの姿への復元が行われたが、車両限界の関係から切り詰められた屋根(機関銃を乗せるためという説もあった)や、切り落とされた炭水車の一部などにタイ時代の面影が残っていた。大井川鐵道のSL急行に用いられた。その後の活躍は#C56 44へ。

何と、31号機は靖国神社に保存されていると。
20190918_20
これは、フェイスブック繋がりで頂いた写真です。

こうして、歴史を辿って行くと、色々な困難や苦労があって今があると強く感じ、何処かの国が未だにグダグダと言い続けているのを知るとウンザリ。視聴率を稼ぐために報道する番組も、非難するナンチャラ達にも、ウンザリ。もう、一切発信しないようにしようでダメ??未来志向のタイに住んで良かったと思うのです。
20190918_01
そのC56機関車が保存されていると知って、駅員に聞くと散髪が並ぶ此処の奥へ行けと言われたのでした。
20190918_02
兎に角、ホームは長いったらありゃしない。
20190918_03
やっと抜けたが、まだ見えない。
20190918_04
やっと、遭遇しました。
20190918_05
20190918_06
横には記念碑があり、後で調べると国鉄100周年記念碑??だとか。その横に飾られているとは感謝されているのかも。
20190918_07
C56のプレートは無いが、車体には”714”の番号があり、14号機かも。
20190918_11
20190918_12
20190918_13
20190918_14
20190918_15
20190918_16
20190918_17
20190918_18
20190918_19
この車体は、昔は日本に在って、今はタイ。そして、大変な思いをして今は休憩中。

皆さん。会いに来てください。そう言っている気がしました。

ご苦労さんでしたと念じました!!
4箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング

タイ・ブログランキング
 
 


メルマガのご案内
メルマガの読者様を募集しております。ブログとの違いは何か?それは、ブログを長年続けられたのは多くの読者様のお陰だと感謝しております。しかし、それと共に、ここ数年の中で、表現の制限や壁に突き当たって参りました。それは、誰でも見る事が出来る故の事であると気が付きました。話したい事を、心の底から語る事が出来ない自分の姿が見えて来るようになりました。そんな姿を感じ取った或る方からご助言を頂きました。そしてその言葉が、ストンと胸の中に落ち納得した上で、自身の表現を別な場所にも持つことが出来るのであればと考え決断しました。その助言の言葉とは。。。『ブログはね、昼間のテレビの情報番組のような物なんだよ。言葉の端々に気を使い、間違った情報など流すと叩かれる。ネットなどで批判が集中する。でもね、例えば深夜放送のラジオなんかは、本音トークで腹の底から面白い話が聞けたりするよな。ある程度、聞きたい人だけが聞く訳だから』この言葉を聞いて、ある程度の閉ざされた中で、自由に語る場所を探し、運良く発見するに至りました。もう少し本音で語りたい。何故にブログでは語る事が出来なかったかの話や、失敗談。もしかすると間違った理解なども話に出てくるかもしれません。しかし、たかが一人のオヤジです。今の自身の現状など、前向きな話も含めて、本質的で骨太の話を語りたい。そんなメルマガにしたいと思っております。試し読みをして頂き、初月解約でも全く構いません。ご興味がある方は、是非、ご登録をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

5

異国であるタイに住んで。。。古い日本に出会う事は、何か不思議な気分になってしまう。過去には、国産の飛行機YS11型機に会いに行った。懐かしぃ~乗り物が展示されている博物館へ 【航空機編】 大学生の頃に、何度か乗った事があるプロペラ飛行機。懐かしかった。そして ... 続きを読む
異国であるタイに住んで。。。

古い日本に出会う事は、何か不思議な気分になってしまう。

過去には、国産の飛行機YS11型機に会いに行った。
懐かしぃ~乗り物が展示されている博物館へ 【航空機編】 

大学生の頃に、何度か乗った事があるプロペラ飛行機。

懐かしかった。

そして、頭の部分だけではあるが、日本製の潜水艦にも会いに行った。
タイの海軍博物館で日本の潜水艦に出会う 

恐らく、此処でしか見る事が出来ないだろう日本製の軍艦も展示されていた。
戦前に横須賀の浦賀ドックで建造された軍艦メークロン号 

過去に戻ることは出来ないが、遠い昔に色々と日本と関わって来たんだろうと、感動に近い気分で眺めた。

そんな先日は、日本製の機関車に会いに行く事にした。
20181025_01
目的地は川向うのナコンパトム。
およそ、片道で1時間の場所。
20181025_02
渋滞も無く、順調な旅。
20181025_03
何とか、到着も小雨模様。
此処は、”Thai Film Museum and Maya City”
映画博物館である。

入場は無料。
映画には興味は無く、機関車だけ。
20181025_04
機関車は、入って直ぐの敷地に在った。
このC56型を調べると。。。
国鉄C56形蒸気機関車 

47号機は、三菱重工業社製。

そして。。。

軍事供出
C56形は軽量小型でありながら長距離の運用に適する設計であるために軍部より注目され、太平洋戦争開戦直前の1941年11月および12月に、製造された160両のうち半数以上の90両 (C56 1 - 90) が供出され、タイ・ビルマ(現・ミャンマー)へと送られた。

この機関車も、戦前に日本から送られてきて、泰緬鉄道で活躍したらしい。
20181025_05

20181025_06

20181025_07

20181025_08

20181025_09

20181025_10

20181025_11

20181025_12

20181025_16

20181025_17

20181025_18

20181025_19

20181025_20
何か。。。言葉が出て来ないと言うか。。。

感動?感激?

表現できない気分になりました。

綺麗に保存されてました!!
3箇所応援クリック!m(。-_-。)m お願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加